ふるさと納税とは

ふるさと納税とは
実質負担2,000円の「寄附」という形で
お好きな地域を応援できる仕組みです。

寄付が可能なふるさと納税サイトは全部で13サイトもあります。
「どこから寄付すればいいの?」「何が違うの?」と、疑問は尽きませんよね。
このサイトではそんなあなたの疑問にお答えするサイトです。

 

ふるさと納税ポータルサイトは寄付による特典以外にポータルサイト独自の特徴があるサイトがあります。

下の表ではその特徴が際立ったサイトを紹介します♪

さとふる

さとふる公式サイトはコチラ

最大の魅力はサイトのサポート力と使いやすさです。
電話で問い合わせができるというのが初心者や疑問のある方には魅力です。

また、ふるさと納税の返礼品毎の情報やレビューが重質しているのも返礼品を楽しみにしている方には助かります。

さとふる公式サイトはコチラ

ふるなび

ふるなび公式サイトはコチラ

寄付額の大きな人にお勧めです。ふるなびは返礼品をもらうのではなく「ふるなびグルメポイント」と呼ばれるポイントをもらい、それを使ってレストランなどの食事に利用できます。

年収2000万円以上の方にはコンシェルジュと呼ばれる方が手数料無料で寄付プランの提案や申し込みの代行をしてくれます。

ふるなび公式サイトはコチラ

noma-style

noma-style公式サイトはコチラ

返礼品が地域の特産物ではなくブランド品が多く占めるオンリーワンのふるさと納税ポータルサイトです。

このサイトに寄付した分は、福島の復興支援活動を行う南相馬市を通じて、南相馬救援隊の活動に使われます。

noma-style公式サイトはコチラ

 

上記のほかのポータルサイトは下記のようなサイトがあります。

ふるさとチョイス

全国1788自治体すべてのふるさと納税情報を掲載しています。
なので、どの自治体にどんな返礼品があるのかを探すときには便利です。
ただし、情報提供だけでありポータルサイト独自のメリットがあまりないというのがデメリットです。

【楽天市場】ふるさと納税

ポイント還元で自己負担分までカバーできる可能性があるお勧めサイトです。
寄付のタイミングなどを楽天のイベントに合わせれば寄付額の10%以上を還元してもらうことも可能です。
寄付自体を楽天の買い物をする感覚でできるのも寄付しやすいという意味では簡単です。
期間限定ポイントの楽天ポイントも消費できます。

ふるぽ

JTBが運営しているサイトなので、ふるさと納税でポイントをもらって、そのポイントを地域の
特産品や旅行と交換できます。
寄付をすると自治体からポイントがもらえ、カタログの中から返礼品を選べます。
旅行券としても扱えるので、寄付した土地に旅行するというのもいいですね。

 

ANAふるさと納税

その名の通りANAの飛行機やツアーで利用できるANAマイルが貯まります。
100円あたり1マイルが返礼品とは「別」にANAからもらえます。
お得度で言えば他のポータルサイトにはかないませんが、ANAマイラーには魅力的です。

 

 

人それぞれに合うポータルサイトがあると思います。
あまり深く考えずに馴染みのあるポータルサイトからふるさと納税をしても良いかと思います。

また、ふるさと納税はクレジットカードで寄付すればポイントがたまります。忘れず活用したいものですね。

 

 

 

サイト運営者情報

いざふるさと納税をしてみようと思ったら、いろんなサイトが出てきてパニくりましたw
なので、サイト独自の特色を調べてみようと思って作ったサイトです。
 
© 2017 ふるさと納税サイト 比較 rss